株式会社エーティーワークスは低消費電力サーバーをはじめ、1/4Uサーバー、1Uサーバー、アプライアンスまで充実した品揃で製品を販売しております。

Vol02.モバイルファクトリー様

株式会社モバイルファクトリー様

ビジネスの根幹を支えるサービスインフラの中核にラック単位の集積率を最大化することに成功した「radserv X」

 携帯電話の着うた・着メロ公式サイトの運営やモバイルプロモーションサービス、インターネットなどの利用者が作り出す新たなメディアとして脚光を浴びているCGM(Consumer Generated Media)事業など、多角的なメディア作りを行っている株式会社モバイルファクトリー。2001年に起業して以来、携帯電話を中心とした事業展開で市場を拡大し、2007年には売上高10億円を突破するなど右肩上がりの成長を続けている。そんな同社が提供している各種メディアの屋台骨を支えるサーバとして、株式会社エーティーワークス(以下ATW)のショートレングス1Uサーバ「radserv X」が幅広く採用されている。

株式会社モバイルファクトリー システム開発部 木村 岳文氏
システム開発部
木村 岳文氏

サーバラックの集積率を高めるためのインフラ投資が必要に

radserv X
radserv X

  携帯電話の着メロASPサービスから事業をスタートさせた同社は、現在では多数の公式サイトを運営するまでに事業を拡大させており、自前のサービス提供のみならず、その安定した品質により幅広い事業者にOEM提供を行っている。また、あらゆるコミュニケーション手段から投稿・閲覧可能な今を共有するサービス“Wassr”の運営など、新しい形のコミュニケーションサービスを展開している。これらサービスを支えている同社の強みは、営業からシステム開発まで社内にスペシャリストを抱えることで、顧客のニーズにワンストップで対応できることだ。

そんな同社に新たなサーバ増設の計画が持ち上がったのは2008年のこと。インフラ増強によって新たなサービスの拡充に備えるためだったとシステム開発部の木村岳文氏は語る。「これまでの経験を踏まえた上で、今回はサーバラックの集積率を高めたインフラ投資が求められたのです。」

豊富な実績と検証作業まで行う、真摯な顧客対応の姿勢に好感!

 会社設立当初は、ATWが技術協力する専用ホスティングサービス「at+link」を活用していたが、ビジネスの拡大にあわせてハウジングによる自社運用に切り替えた同社。その際には、ATWのショートレングス1Uサーバ、フルサイズの1Uサーバ、業務負荷の高いデータベースなどにはスペックの高い2U~4Uサーバを活用するなど、複数ベンダのサーバを同時に運用していたという。しかし、スペックの高い(電力の消費が大きい)サーバとショートレングス1Uサーバを共存させなければならず、1つのラックに20台程度しかサーバを搭載することができないケースも発生した。「ハウジングの場合、ラック単位に料金が発生するため、会社としては集積率をあげることが求められていました。システム的な面からも、冗長化に耐えうる柔軟なサーバ運用を実現するために、安く物理的に多くのサーバを導入したいと考えていました。」

そこで白羽の矢がたったのが、数多くの採用実績を持つATWの「radserv X」だったのだ。ATW自身が本社で運用しているデータセンターにて集積率の検証実験を行うなど、要望に対して真摯な姿勢を見せたことも採用の決め手になったという。

フレキシブルな運用を実現!きめ細やかな提案と拡張性に魅力

株式会社モバイルファクトリー システム開発部 木村 岳文氏

 現在では、ATWのサーバがおよそ100台あまり稼働しており、主に携帯電話の公式サイトインフラとして活用されている。また、社内インフラや開発用のサーバとしても柔軟に使われており、用途に縛られることなく様々な場面でATWが活躍していると木村氏。そんなATWのサーバについて、木村氏は「携帯電話ビジネスを支えるインフラの場合、利用者のニーズに応じて急激に負荷がかかることもあります。だからこそ、Webサーバやキャッシュサーバなど、必要に応じて切り替えのできるサーバ群が必要だったのです。1つのラックに数多く搭載することができるショートレングス1Uサーバのおかげで、フレキシブルな運用に対応できるようになりました。」と高く評価している。また、サーバの故障率の低さも評価のポイントだと木村氏は語る。「なかなか壊れないという印象が強いですね。最初に導入したサーバはすでに数年経過していますが、経年変化による故障以外は安定して稼働し続けています。」と製品開発力の高さにも驚きを隠せない。

 今回は、サーバを何台購入するのかということよりも、1つのラックに何台搭載できるのかという提案を求めた木村氏。「消費電力や排気の仕組みを考慮して、複数のパターンを提案いただきました。自社でデータセンターを運用しているからこそ、柔軟な提案をしていただけたことに満足しています。」

さらに、ATWの製品作りのコンセプトにも好感を持っていると木村氏。「4分の1サイズの1Uサーバなど、顧客のニーズにあわせた様々な製品ラインナップを開発しているという姿勢は、当社と通ずる部分があります。将来的な拡張時にも選択肢が豊富なため、安心して活用することができています。」

ユーザにストレスを与えないインフラへの脱却を目指す

 今後の展望について木村氏は、「現在運用しているデータセンターのインフラの見直しを行いたいと思っています。万一の障害にあわせて、今以上に可用性を高めるシステム構成にしたいですね。」と語る。現在でも負荷分散などを行っているが、状況によってはレスポンスが低下するなどの弊害も発生しているという。だからこそ、利用しているユーザにストレスを与えないようなインフラへの脱却を目指したいと今後の意気込みを語る。中でも、データベースサーバなど業務負荷の高いサーバをショートレングス1Uサーバへ分散することも考えているという。更なるサービス拡充に応じて、ATWのサーバを今後も活用していきたいと将来像を語っていただいた。

株式会社モバイルファクトリー

株式会社モバイルファクトリー

所在地
東京都品川区西五反田8丁目1番5号
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
事業内容
公式サイト運営事業とCGM運営事業を中核として、幅広いモバイルサービスを提供
URL
http://www.mobilefactory.jp

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-0-41414 受付時間 9:00-18:00

■A.T.WORKSトップはこちらへ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © A.T.WORKS,Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.